まずは生きよう。大人の発達障害で悩める皆さん。カサンドラ+うつ★ スピリチュアル

久々にオーブちゃん。

オーブってご存知ですか。
写真に写る不思議な光の玉です。
昨日私が写真を写したら綺麗な光のたまがポツポツ移りました。
とっても綺麗で。
わたしが写すとよく写るんです。
お盆だったしね。(笑)
じいちゃんや、ご先祖様が、みんなのワイワイをみにきたのね。
有難う、。
8月27日刊行されます。
↓↓宣伝ごめんなさい!どなたかの心にとまりますように。
予約受付中♫
gazou.png
本が刊行されます!
スポンサーサイト

夢にびっくり。

ひっさびさに、中途覚醒。
眠剤、いっぱい、飲んでるのですが(笑)。
夢で起きました。
生きているところと、死んでいるところの境界のゾーンまで行って、
見知らぬ人とチケットのやりとりをした夢でした。
閑散とした綺麗な白い改札口みたいなところで。
そこで目が覚めました。
さわやかな感じでしたが、死ぬとは思いませんけど、
お盆だからかなあ。
書いとこ。
img379.png
。>8月27日刊行されます。
↓↓宣伝ごめんなさい!どなたかの心にとまりますように。
予約受付中♫
gazou.png
本が刊行されます!


・・・・。sain.png

パワスポ巡り♫

神社、寺、好きなんですよ~。で、今日は天気も良く、(パワスポ巡りが終わったとたんゲリラ豪雨でしたが(笑))
ドライブがてら子供と5箇所の地味地味神社巡りでしっかりご挨拶してきました。

東神楽神社
inarijinjya.png
八幡神社
朗根内神社
美瑛神社
今日はオーブは移りませんでした

↑ワンポチ応援してくれると嬉しいです。

自分のこと。

私がカメラで写真を撮ると、よくオーブがうつります。
視える人に聞いたら
強くて崇高な雲の上みたいな人や魂を引き寄せる力があって半端ない代わりに
そのへんの浮遊しているものも引き寄せちゃうのだって。
でも、そうして幸せに運良く上々、いられるのは、
悪いものは跳ね避けるパワーも半端ないんだって。
私、職業柄、スピリチュアルなことはあまりおおっぴらにいえないけど、良いことだけ信じちゃうお気楽タイプ。
って、根っからの馬鹿なのかも。
前世って1回じゃなくて何回も何回も生まれ変わるらしいけど、
シャーマンの影響が大きいって言われた。すごく力のある原住民のシャーマンだったのだって。
それ聞いたとき嬉しくて。
シャーマンね、老若男女の悩み事を聴いたり、薬草をこねている姿が見えるのだって。
そして、狼煙のような煙の流れをみて、民に「あちらへ狩りへ行け」っていう姿が見えるのだって。
でも孤独だったと。悩みを聞くほうだったから孤独だったと。そして、悩んでいたことは、シャーマンは、
口伝いに薬の作り方や、なんかを伝えるしか当時は術がなかったから、(書物や書く事がなかった)間違って伝わってしまったり、うまく伝わらないことを悔やんでいたのだって。
わたし、それをきいたとき、嬉しかった。そうか、だから、この世で、本を書いて、自分の技を伝えることが使命であったり、
魂が喜ぶ事なんだな!!ってすっきり思いました。
自分を開示するのはすごく勇気がいる。
今まで自分のことは黙ってきた。恥だとも思ったから。
でも、シャーマンの前世を聞いて、すとん!と魂が喜んだのです。
自分の体験談や経験談を本にして、メッセージを伝える。それが、魂が喜ぶこと。
そして、ご縁があって本当に、本が書物としてでることになりました。
8月末に書店に並ぶんです!
自分のことを書いた本が!!。

類は友を呼ぶらしく、悪い魂を持っている人は、私は自然にはねのけていて、
自然に消滅して、音信不通に運良くなっていくので、不思議に思っていましたが、
きっと、この書店の社長様は、すごく崇高で、ご縁があった人なのだと思います。
私とご縁がある人はきっと前世でもご縁があった人。
私の辛い経験を書物にすることは魂が喜ぶこと。
どんなシャーマンだったのかな。
視える人に言われたことは
「楽しいことをしなさい!!」。と。それが私の魂が喜ぶ一番の事なんだって!
みなさんも、魂が喜ぶことをしてみよう、ね。。。。。
休む時には休んで。







sidetitleプロフィールsidetitle

SarayoSaijyou(西城サラヨ)

Author:SarayoSaijyou(西城サラヨ)
精神科閉鎖病棟に勤務歴ありの元Ns.
保健師・看護師・訪問心理療法士/
養護教諭の資格有り。
2015/11 月「カサンドラ妻の体験記~
心の傷からの回復~(ご寄稿田中康雄先生)」
(星和書店より刊行)
★欝との格闘中。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR