まずは生きよう。大人の発達障害で悩める皆さん。カサンドラ+うつ★ 2015年08月

自分を褒めてあげたい。自分も相手も許す決意。

私は、回復への一歩を踏み出せました。
うつで苦しんでいる人、夫婦や家族のことで悩んでいる人々。
そして、それに関わっている援助者の皆さん。
自分も何度も何度も「死にたい」念慮に襲われながらも
急性期の危機を何度も経て、
「やっぱり生きていて良かった」
と、思います。
10年くらい前でしょうか、入院したときは、
「本当に、生きる気力が出るのだろうか」
「自分が寛解するなんて信じられない」
・・・と真っ暗なトンネルの中でもがいていました。
でも、本当に縊死(首吊り)しなくて良かったです。
皆さんのお陰です。
本当に感謝です。
ありがとう。
「死にたい、死にたい」って、救いを求めている人がいるかもしれない。
かつて私もそうだった。
でも死んではいけない。
生きるのだ。

スポンサーサイト

回復への一歩。(独り言です)

「例えば過去に性犯罪に巻き込まれた人がいるとする」
・・・過激なタイトルになってしまいましたが、
大きな心の傷を負ってしまった人がいるとする。
大きなトラウマを抱えて大人になってしまったとする。
例えば過去に強姦されそうになったり、実際にされた人がいるとする。
何かが引き金(トリガー)となって、過去の影に怯えて、
心的外傷で悩み続けている人がいるとする。
うつ、引きこもり、強迫性障害、多々、心の病に悩み苦しみ続けている人がいるとする。
あまりにも内容が苦しい思い出だと、思い出すことすら出来ないこともある。
それを乗り越えて、「過去の出来事は過去の過ぎ去りしこと。、今の自分は過去の自分ではない。今いる場所も環境も
安全なのだ。・・・」
と、自分を見つめ直し、回復への一歩をふみだせるであろうか。
もちろん性被害の場合、レイプ犯は許されるべきものではない。
犯罪人を許すことはできない。だけど、何かを許し、自分を許し、前をむいて生きていくこと。
リカバリーへの一歩を踏み出すこと。
本当の回復への一歩を踏み出すこと。
それが大事です。
大変苦しい作業ですが、必要なのです。

判明!デパスの離脱症状体験!~苦痛!

薬の副作用は個人差があるように、
離脱症状も十人十色。

最近、夕方ころになると、動悸、胸痛、呼吸困難感、高血圧、頻脈、吐き気、過呼吸
・・・・が突如 出てくるので
循内を受診したり、内科的に異常はないか調べたけどNP.(ノンプロブレム・・・)
脱水症状かとも思いきや、血中の電解質もNP。
犯人は「デパス」
(笑)。
実は、熟眠したいがために、一日量、就寝前に一気に飲んでいたので、
必然的に夕方くらいになると、血中濃度、激減。
死ぬんじゃないかという、苦しみあり、吐き気の抑止で、昔 処方された 手持ちのナウゼリンを服薬するも
改善なく、少量デパス服用したら、
なんとーーー、症状、さらりと無くなり、
身体症状、一気に復調。
離脱症状は、ほーんと、個人差があるけれど、減薬中なわけでもなかったので、
謎が解明されて、安心する一方、「デパス」の怖さを知り、
「デパス依存症」のかたの気持ちがよーくわかりました。
一日処方分を分薬するだけで、胸苦(-)、脈、正常、血圧Np、嘔気(-)、・・・。
やれやれです。
んー。最近、うつの話題ばっかりでごめんなさい!
薬の副作用や、離脱症状で戦闘中のかたがいらっしゃったら、
お互いに同志として、ともに 頑張りましょう!




お盆、ボンボン、ぼんぼぼん~♫

タイトルとは裏腹に、

「超 体調が良い」ってわけでも ないのですが(笑)、

お盆もあけて、なんとなく日常生活が迫ってきていますね。。。。

一年も「三分の二」が過ぎ去ろうとしております・・・。

「はやっ」

●最近思うこと・・・。
すっごく、偉いのに、奢り高ぶらない、「又吉直樹さん」、すんばらしい~~~。
・・・・ソウイウ人に、ワタシは ナリタイ。

うんうん。

うーん・・・。辛い。。。

近頃、やってきてしまいました・・・。
激うつの波が・・・。
色々体調も悪いので、総じてメンタルもかなり危険。
先日は、自分が自殺した後、子供らはどう思うだろう、悲しむだろうな。。。、
なんてことをぐるぐる考えては、涙を出して、夜中にないてみたり、
指示以上の抗不安薬を服薬して無理やり寝たり、
何だか、嫌な波が押し寄せて来てしまっています。
いかん、いかん・・・。
そんな時、ふと、ブログのコメントに救われることもしばしば。
あと、子どもたちの笑顔をみて、「まだ死んだらだめだ!」・・・・と、
一秒、一秒、一分、一分、生きている感じです。
どうか、良い風が吹いて来ますように・・・。

物質関連症候群

やっとこさっとこ

ブログです。
最新の診断マニュアルでは、(DSM-5)、
「物質関連障害群」、っていう言葉が出てきました。
アルコールや大麻や幻覚剤・・・はわかりやすいですが、
これには「カフェイン」も含まれています。

私も、やばいかもかも、です。
定義は細かく定めてはいるんですけど。
うーむ・・・。
医療関係者にも多いんでないかな・・・。
激務だし。
とりあえず、熱中症には気を付けませう!!


sidetitleプロフィールsidetitle

SarayoSaijyou(西城サラヨ)

Author:SarayoSaijyou(西城サラヨ)
精神科閉鎖病棟に勤務歴ありの元Ns.
保健師・看護師・訪問心理療法士/
養護教諭の資格有り。
2015/11 月「カサンドラ妻の体験記~
心の傷からの回復~(ご寄稿田中康雄先生)」
(星和書店より刊行)
★欝との格闘中。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR